記事リスト

事前に調べておきましょう

男の人

工事が必要な場合

インターホンを交換する際には、現在使っている種類を把握しておきましょう。まず電材使用している物が電源プラブ式の場合には、同じ種類の物を交換するのであれば問題はありません。しかし、乾電池式からプラグ式に交換する際には電気工事が必要になります。またチャイム式の場合にも、配線の延長を行なわなければいけない場合には、同じく工事が必要になってきます。現在、設置しているインターホンをモニター付きのインターホンに交換する際に工事を行うには、第二種電気工事の資格を取得している必要がある為、必ず業者に依頼しましょう。次に業者に依頼した際に掛かる費用は、約1万〜5万円が平均的な価格となっています。もし料金が気になる場合には、無料で相談と見積もりを行ってもらえるので利用しましょう。インターホンを交換する際には、どのメーカーを使用しているかも把握しておく事も重要です。作られているメーカーによっては交換を行う予定の場所に合わない可能性もあります。もし不安な場合には、現在使っているインターホンと同じメーカーの物を購入しましょう。同じメーカーのものであれば、最新の物でも工事を行わずに交換する事もできます。しかしあまりにも年式が古い物から新しい物へと交換する場合には、事前にメーカーや購入先のスタッフに相談しておくと安心です。業者に依頼した際の流れですが、まず無料相談を行ってもらい、次に見積もりを出してもらいましょう。そして、納得のいく値段であれば作業日を決め、当日に作業を行った後、最後に支払いを行います。